患者さんとの「かけ橋」です。漢方相談

太陽堂漢薬局の患者さんに、毎月お配りしています。

漢方治療を少しでも御理解して頂きたく、太陽堂漢薬局での実際の症例を毎月御紹介致します。 患者さんにとって、少しでも御参考・励みになれば幸いです。

(注;東洋医学で言う臓腑経絡は、西洋医学の内臓とは異なります。)

【 心筋梗塞 】と漢方症例報告

手術予定の心筋梗塞患者さん 2003年4月

(昭和17年生、男性。No.2375)

患者さんは3年前心筋梗塞でフーセン治療の手術を行っている。しかし今年4月より心筋梗塞の症状が再悪化、朝方運動時に胸痛を訴えられる。3ヵ月後に再手術の予定である。

病院の検査では冠状動脈が石灰化しているとの事。バファリンCとパナルジンの投薬を受けている。

眼瞼は充血、水分の摂取が多く降圧剤を服用中。舌下静脈は怒張。

糸練功で調べると心経陽証1合Ⅲに心筋梗塞の激痛を捉える上焦の水毒証。

小腸経陰証-0.5合+(3)に心悸亢進の水毒+気の上衝証、心臓がかなり弱っていると思われる。

更に膀胱の腑陽証3.5合Ⅱに五志の憂(自律神経のアンバランス)を確認。

心経陽証に漢方薬Ⅰ。小腸経陰証に漢方薬Ⅱ、膀胱陽証に漢方薬Ⅲを選択投与する。

3ヵ月後、心経5.5合、小腸経7合、膀胱の腑7合に改善。体調も良く心筋梗塞の症状も薄れたので手術を延期する事にしたとの事。

10ヵ月後、心経9合、小腸経10合、膀胱の腑10合に改善。心筋梗塞の症状は消失。病院の検査でも「手術の必要は無くなった」と言われ、患者さんは喜ばれた。

その後、患者さんは病院の新薬を止められ漢方薬だけの治療に専念された。

1年2ヵ月後、全ての状態が10合±になり、漢方薬を中止し再発防止を行う事とする。

その後、現在に至るも心筋梗塞は再発せず、駅より太陽堂まで汗を掻きながら、元気に歩いて来局されている。

最後に

東洋医学の治療は、西洋医学と異なり体質改善や原因療法の傾向が強いです。それだけに、効果の出る時間に個人差があります。「かけ橋」・「多くの漢方治療歴」が、患者さん同士の希望に繋がることを願っています。