患者さんとの「かけ橋」です。漢方相談

太陽堂漢薬局の患者さんに、毎月お配りしています。

漢方治療を少しでも御理解して頂きたく、太陽堂漢薬局での実際の症例を毎月御紹介致します。 患者さんにとって、少しでも御参考・励みになれば幸いです。

(注;東洋医学で言う臓腑経絡は、西洋医学の内臓とは異なります。)

【 三叉神経痛 】と漢方症例報告

特発性三叉神経痛

(1963年生、女性。No.7150)

1週間前、突然右頬が痛くなり病院で突発性三叉神経痛と診断された。

病院の治療では痛みが強い時は抗癲癇薬を、それでも治らない時は外科的な手術が必要と言われ途方に暮れていた所、カイロプラクティックの先生から漢方薬を勧められて当薬局に相談に来られた。

三叉神経痛は最も痛みが強いと言われる3つの痛みの疾患(痛風、坐骨神経痛、三叉神経痛)の一つである。この方には三叉神経痛の初期に繁用する漢方薬を選薬した。

漢方薬服用開始から1週間後、痛みが痒みに変化した。

2週間後、更に良くなり、3週間後には嘘の様に痛みが消失した。まだ改善途中の段階なので、疲労や身体の冷えで違和感や痛みを感じる事もあるかもしれないが、酷くならずに治まるだろう旨をお伝えした。

その後、漢方薬を欠かさずきちんと続けられ、痛みが出る事もなく4ヶ月が過ぎた。その頃から体調もすこぶる良くなって来た。

漢方薬服用開始から5ヶ月後、糸練功の合数が10合±に到達。適量診にて漢方薬を終了しても良いと思われた。念の為、1ヶ月後に再発しない状態か糸練功で確認し、治療終了となった。

三叉神経痛は漢方薬が非常に著効を示す疾患の一つである。この方は症状が出てからまだ日が浅いうちに漢方治療を開始し、半年で再発しない状態まで辿り着いた。漢方治療期間は罹患してからの期間と比例する事を再認識した症例であった。

最後に

東洋医学の治療は、西洋医学と異なり体質改善や原因療法の傾向が強いです。それだけに、効果の出る時間に個人差があります。「かけ橋」・「多くの漢方治療歴」が、患者さん同士の希望に繋がることを願っています。