多くの漢方治療歴

太陽堂漢薬局の多くの患者さんからの漢方治療歴です。

患者さんからの、改善のお声を順次掲載しています。

諦めずに、希望を持って、一緒に考えましょう。

【 妊娠 】と漢方薬治療による取組み

女性No.579

妊娠が確認できました。今7週目です。ですが、心拍数が弱く要注意の状態と言われています。

胃のむかつきと、倦怠感というつわりの症状があります。これに良い漢方薬はありますか?もしあるようでしたら、通常の漢方薬と一緒に提案をしていただければ幸いです。

Date:2006-07-12

太陽堂漢薬局から患者さんへ

妊娠7週目なのですね。おめでとうございます。

今回より、漢方薬の内容を変更してご提案させて頂きます。今までの漢方薬はお休みされて下さいね。出産後に飲まれると産後の肥立ちが良くなります。それまでタッパーなどに入れて、冷蔵庫で保管されて下さい。

今回は、つわりの漢方薬と安胎薬のご提案を致します。つわりの漢方薬は、つわりが治まるまで、安胎薬は安定期(5ヶ月)に入るまで飲まれると良いと思います。つわりの漢方薬は毎食事30分前に生姜汁で冷服して下さい。(水の中に市販のチューブ入り生姜を入れて頂いても構いません。)安胎藥はお湯でお飲み下さい。

妊娠が判明しました

女性No.2606

今日、病院で妊娠が判明しました。ありがとうございます。

太陽堂漢薬局から患者さんへ

妊娠、おめでとうございます!。お二人の夢です。大事に育ててあげて下さいね。私共も本当に嬉しく思います。

健康273

安定するまで、あまり動き過ぎないように安静にして下さい。車に乗る時も出来るだけシートを倒し、寝ていて下さいね。ご養生下さいね。

イカ・ニガウリ・なすび・コーヒー(苦いもの・アクのあるものは血流を低下させ、子宮を収縮させます)などは控えめにされて下さい。妊娠中に砂糖類を摂りすぎると赤ちゃんがアトピー性皮膚炎になりやすいと言われています。

流産防止の漢方薬をご提案します。元来、妊娠中に服用するために創られた漢方薬です。流産防止だけでなく、胎児を守り、妊娠中毒症を防ぎ、母乳の出を良くし、肥立ちが良くなります。

妊娠 – 赤ちゃんがやってきてくれた様です

女性No.194

太陽堂漢薬局様、いつもお世話になっている○○です。いつもの漢方薬が届いたのですが、実は赤ちゃんが、やってきてくれた様です。頂いた漢方薬は飲まないようにした方が良いでしょうか?

以前、流産防止のための漢方薬がまだ残っています。そちらを飲んだ方が良いのでしょうか?お忙しい所すいませんが、よろしくお願い致します。

Date:2006/05/26

太陽堂漢薬局から患者さんへ

おめでとうございます!良かったですね!望んでいた赤ちゃんが、やってきてくれましたね。

漢方薬は、以前お送りした残りを飲んで頂くと良いかと思います。流産防止・安胎の漢方薬が必要でしたら、こちらで再度提案致しましょうか?

漢方相談1

今回お送りした煎じ薬は、瘀血を改善するものです。妊娠中は中止してください。これら2種の漢方薬は産後の肥立ちにも使うことができますよ。

これからは蟹などの甲殻類、イカ、生ものは控えめに。赤ちゃんの為に心穏やかに過ごしていきましょうね。

ホルモン値も順調

女性No.1368

○日に血液検査で陽性反応、○日今日、赤ちゃんの胎嚢が少し見えてきました。体調は良く、ホルモン値も順調との診断でした!

Date:2006/07/21

太陽堂漢薬局から患者さんへ

妊娠判定が陽性だったのですね!おめでとうございます!順調のようで本当に良かったです。

妊娠に伴い、今回からは流産しないように、または赤ちゃんが元気に育つようにする漢方薬の確認をしました。こちらは散剤で対応できます。

今までの漢方薬を切り替えて散剤を飲むようにしていきましょう。この漢方薬は昔から妊娠中に飲む薬として伝わってきているものです。こちらの証は、合数が低かったので手放しには喜べない状態です。

万が一、ピンク色のおりものや出血がある時はすぐに病院に行って下さい。また当薬局にもご連絡を頂ければすぐに確認いたします。

妊娠 – 早産の可能性があると言われ

女性36歳No.1208病228

ご無沙汰してます。妊娠32週になりました。早産の可能性があると言われ安静にしています。子宮口が少し開いているとのこと。

後2ヶ月、無事に過ごしたいのですがアドバイスをお願いします。出産予定日は○月○日です。赤ちゃんは順調です。安静指示のため私の体力が落ちてます。

Date:2006-07-22

太陽堂漢薬局から患者さんへ

早産の可能性があるのですね。糸練功で確認しました所、早産の証があるように思われました。こちらの漢方薬は、胎児への影響は全くありませんので安心して下さいね。

生活面では体を安静にして、ナッツ類等の種物、メロン、スモモ、きゅうり、梅、桃等の実の物は極力控えめにされて下さいね。

最後に

当薬局では、治療を継続中あるいは検討中の方に少しでも勇気と希望を持っていただきたく、漢方治療歴を順次掲載しています。

諦めずに! 1人じゃないですよ!希望を持って、一緒に病を治していきましょう。