肌荒れを治そうとエステに通った所、余計に悪化

患者さんとの「かけ橋」です。漢方相談

太陽堂漢薬局の患者さんに、毎月お配りしています。

漢方治療を少しでも御理解して頂きたく、太陽堂漢薬局での実際の症例を毎月御紹介致します。 患者さんにとって、少しでも御参考・励みになれば幸いです。

(注;東洋医学で言う臓腑経絡は、西洋医学の内臓とは異なります。)

【 ニキビ 】と漢方症例報告

ニキビ-化膿を伴う肌荒れ 

(昭和54年生、女性。No.732)

20代後半の女性からニキビの相談を受けた。

18歳の頃、ダイエットの影響で生理が止まった経験がある。肌荒れを治そうとエステに通った所、余計に悪化した。

皮膚科に通院中だが、体の中からの改善が必要と思い、来局された。

糸練功で確認した所、胆陽証1合3+勢いのあるニキビの漢方薬の反応あり。女性ホルモンの乱れによる肌荒れと思われた。

漢方薬服用1ヵ月後、食生活はバラバラな割りに大きく膿むことない。調子が良くなってきた。脂物を減らし、繊維質を増やすよう食養生をお伝えした。

更に1ヵ月後、化膿は治まってきたが色素沈着が気になる。

漢方薬服用4ヵ月後、生理前に異様に食欲が出る。食事が大切な事は頭では理解出来るが、上手く行かない。自分との戦いだとおっしゃっていた。

更に半年後、友人から「良くなったね」と言われる程、改善してきた。合数も8.8合の状態。それから調子が良いのでご本人の判断で漢方薬を半分量へ減らした所、また少しずつ悪化して行った。

脂物を摂り過ぎたり、漢方薬をきちんと飲めない期間は症状が悪化する。化膿こそしないが、にきび跡が消えるよう、食生活を再三見直し、漢方薬を出来るだけ長く継続された。

ニキビ-顏の吹き出物に悩む女性 

(昭和40年生、女性。No.261)

病215

吹き出物に悩む40歳女性から相談を受けた。20歳代まではトラブルがなかったが、30歳から今まで顏の吹き出物が絶える事がなく、困っているとの事。

外食をする事が多く、食事の改善を始めたばかり。以前は仕事が忙しい時に吹き出物が出ていた。今は仕事に関係なく出ると言う。よく生理前に吹き出物がひどくなるという話を聞くが、そのような事はなく、なぜ出るのか分からないと言う。肌は色白、吹き出物に勢いはなく、頬よりも口の周り、鼻のあたりに出ると言う。

糸練功では胆の陰証、血虚を改善する漢方薬を確認。血虚が原因の為、身体全体のホルモン系の調子を整えていく事で吹き出物も改善されると思われた。治療には時間が掛かるとお話した。

約1ヵ月後。吹き出物に変化はないが、今月は生理痛が全くなかったと言う。感激して、会社ですごいよ!と言って回ってしまったとの事。

約2ヵ月半後。前回来た頃は肌が膿んでいたけれど、それが引いて保てている。食事が不規則だけれど、以前のように肌荒れを起こす事はない。

その後も膿が出てすぐ引くといった症状を繰り返している。

血虚が原因の為、身体全体の状態改善が必須であり、その後、吹き出物も改善されると思われる為、治療には時間が掛かる。しかし、治療終了後は吹き出物だけでなく、身体全体の調子が整っていくと思われる。

最後に

東洋医学の治療は、西洋医学と異なり体質改善や原因療法の傾向が強いです。それだけに、効果の出る時間に個人差があります。「かけ橋」・「多くの漢方治療歴」が、患者さん同士の希望に繋がることを願っています。