患者さんとの「かけ橋」です。漢方相談

太陽堂漢薬局の患者さんに、毎月お配りしています。

漢方治療を少しでも御理解して頂きたく、太陽堂漢薬局での実際の症例を毎月御紹介致します。 患者さんにとって、少しでも御参考・励みになれば幸いです。

(注;東洋医学で言う臓腑経絡は、西洋医学の内臓とは異なります。)

【 高血圧症 】と漢方症例報告

会社を経営する男性の手掌汗と高血圧症 

(昭和8年生、男性。No.102)

今から20年程前、会社を経営する男性から手掌汗の相談を受けた。

五臓六府の「肝」を治療する漢方薬を1年間服用の後、手掌汗は改善された。それから7年後、高血圧の相談を受けた。最高血圧130、最低血圧が高く90の状態。

高血圧症に「脾虚の胃内停水が上衝し、目眩となったなった証」を確認した。この証は、経営者や管理職によく出現する体質である。ストレス性の高血圧で、最低血圧が高くなるのが特徴である。湯剤の代用として瘀血剤と人参剤をお出しした。

漢方薬服用から2ヵ月後、最高血圧130、最低血圧70となった。その後、飲酒により血圧が高くなったが、半年後には最高血圧120、最低血圧70となった。

治療開始から9ヵ月後には、合数が10合±となり治療を終えた。更に5年後、再度血圧が上昇してきた。以前10合±まで改善された合数は2.5合2+まで下がっていた。

駆瘀血剤+人参粉剤での治療を再開した所、9ヵ月後には再び10合±(1)の状態まで改善された。

神経痛も出てきたので、そちらの治療も並行して進めた。とても調子の良い状態が続き、早く漢方治療を終えたいご様子だった。然し、再発の経験がある。漢方薬では体質が改善されるが、日常の中で、病状の出る原因を取り除く事が出来ない場合、再発防止力をつける為にも時間を要する。健康維持も兼ねて更に3年程、漢方薬を継続された。

高血圧症のご婦人 

(昭和34年生、女性。No.2208)

医療249

患者さんは40歳のご婦人。最高血圧160、最低血圧90~100という事で、現在内科より処方された降圧剤を服用中。

「降圧剤を一生服用したくない」と漢方治療を希望し来局された。降圧剤を服用すると最高140~150、最低80~90位に下がるそうである。

身長159cm、体重60Kg。生理周期正常、便通は軟便で1日1~2回。舌診は微白苔、歯切痕あり。少陽病位で胃内停水を窺わせる。

脳血流の反応穴で調べると、左中焦1合Ⅳに神経症+強実証。自律神経の五志の憂・左中焦1合Ⅱに少陽病位の水毒証を確認する。

9月20日、気を巡らし上焦の熱を取る煎じ薬1日2回、散剤の変わりに代用のカプセル剤を1日1回投薬する。

11月4日、左中焦・血圧4合+(3)、五志の憂5合+(1)に改善。最高血圧130、最低血圧90~100。最高血圧は下がるが、最低血圧が下がらない。

糸練功にて脳血流を再チェックする。左上焦にストレス性の高血圧証4合+(3)を確認。初回相談時に見逃していた証だと思われる。患者さんに「血圧の原因がもう一つ有った」と説明。ストレス性の高血圧を改善する漢方薬を1日1回追加する。

翌4月14日、ストレス性の高血圧証8合+(1)、その他の証9合±(1)に改善。血圧も最高130、最低87に改善。

12月28日、全て10合±になり、最高血圧130、最低血圧75と安定し治療終了となった。

最後に

東洋医学の治療は、西洋医学と異なり体質改善や原因療法の傾向が強いです。それだけに、効果の出る時間に個人差があります。「かけ橋」・「多くの漢方治療歴」が、患者さん同士の希望に繋がることを願っています。