日本漢方の古方派を中心とした漢方薬・処方をご紹介します。

一般の方から専門家まで馴染めるよう、症例・処方薬味・適応疾患・使用目標・漢方の証・方意をご紹介。

芎帰調血飲第一加減(キュウキチョウケツインダイイチカゲン)-一貫堂-

処方薬味

生薬-甘草甘草 生薬-川芎川芎 生薬-白芷白朮
生薬-当帰当帰 生薬-地黄地黄 中国39-生薬-茯苓茯苓
生薬-陳皮陳皮 生薬-益母草益母草 生薬-香附子香附子
生薬-烏薬烏薬 生薬-生姜乾姜 中国42-生薬-大棗大棗

適応疾患

産後の貧血、ノイローゼ、血の道症、生理不順、軽度の産褥熱、乳汁不足

使用目標

出産によって精神的にも肉体的にも疲労の状を停止、胃腸消化器も機能が衰え、或いは産後のくだり物が残っていたり、感情が高ぶり、自律神経失調症状が現れている方に用います。

漢方の証・方意

  • 病位・虚実;虚証
  • 方意;産後一切の気血を調理:貧血を補い、古血を去り、脾胃を立て直し、産後の肥立ちを良くする。

杏蘇散(キョウソサン)-直指方-をご紹介

生薬-杏仁

処方薬味

生薬-甘草甘草 生薬-蘇葉蘇葉 生薬-檳榔-大腹皮大腹皮
生薬-梅烏梅 生薬-杏仁杏仁 生薬-陳皮陳皮
生薬-桔梗桔梗 生薬-麻黄麻黄 生薬-桑白皮桑白皮
生薬-紫苑紫苑 生薬-阿膠阿膠 生薬-五味子五味子

適応疾患

咳、痰

使用目標

感冒、気管支炎などで涼燥の表証を呈する方に用います。慢性気管支炎、気管支拡張症などで痰のある湿った咳嗽をする方にも用います。

桔梗湯(キキョウトウ)-傷寒論-をご紹介

生薬-桔梗

処方薬味

生薬-甘草甘草 生薬-桔梗桔梗

適応疾患

急性扁桃炎、扁桃周囲炎、急性咽頭炎、喉頭炎

使用目標

咳が出て胸がはって苦しく、膿様の喀痰を長い間出している方に用います。

漢方の証・方意

  • 病位・虚実;少陽病、虚実中間
  • 十二臓腑配当;小腸
  • 方意;咽喉の熱証:咽喉腫痛、発赤、嚥下痛
  • 備考;痛みが強く甘草湯(カンゾウトウ)では治りがたい場合や、化膿傾向がある方に用います。

銀翹散(ギンギョウサン)-温病条弁-をご紹介

生薬-連翹

処方薬味

生薬-甘草甘草 生薬-忍冬-金銀花金銀花 生薬-連翹連翹
生薬-薄荷薄荷 生薬-大豆-淡豆豉淡豆豉 生薬-竹茹・竹葉竹葉
生薬-葦根葦根 生薬-牛蒡牛蒡子 生薬-桔梗桔梗
生薬-荊芥荊芥    

適応疾患

感冒、咽頭炎、扁桃腺炎、悪寒のない感冒の発熱、インフルエンザ、急性腎炎の初期、日本脳炎、麻疹、化膿症の初期

使用目標

症状として、熱感あるいは、かすかな悪寒、発熱、頭痛、咽痛、無汗あるいは汗ばむ、軽度の口渇などがあります。目の充血、咳嗽などを伴う事もあります。

漢方の証・方意

  • 病位・虚実;太陽病、実証
  • 方意;風熱の表証による発熱、熱感、咽痛、口渇、に対する方剤です。

駆風解毒湯(クフウゲドクトウ)-済生方-をご紹介

生薬-防風

症例

咽喉痛/男性-漢方処方応用のコツより引用-

20代男性。長年喉の痛みに悩まされ、大分神経質になって夜もよく眠れないし仕事にも身が入らないと言っていた。喉をみると、咽喉後壁が見える範囲全面が真っ赤で、血の色のように見える。その他は診察しても特に所見はなかった。

駆風解毒湯加石膏を投与し、2,3週間たつと自覚的な咽喉痛が半減したという。咽喉を見ると咽喉後壁は全面に赤いが、所々が白っぽくなって、まだらに見えていた。

その後3ヶ月ほど服薬し咽喉の赤みが大分とれたころから患者は来院しなくなった。おそらく自覚的な苦痛がなくなったのであろう。

処方薬味

生薬-甘草甘草 生薬-防風防風 生薬-牛蒡牛蒡子
生薬-羗活-独活羌活 生薬-荊芥荊芥 生薬-連翹連翹

適応疾患

咽頭炎、喉頭炎、扁桃腺炎、口内炎

使用目標

咽喉の腫痛に用います。慢性化、遷延化したものにしばしば効果があります。たいていは、葛根湯加桔梗(カッコントウカキキョウ)、石膏で(急性の咽頭炎で発熱している時など)良くなりますが、これで良くならない場合は、駆風解毒湯加桔梗、石膏(亜急性、慢性の咽頭炎)が良いです。

いつも咽喉が痛い方の咽喉を見ると、扁桃周囲の炎症はさほどでもないのに、口蓋垂の奥の咽喉後壁の部分が真っ赤になっている方がいます。たいていは同時に鼻づまりや鼻汁、後鼻漏を伴います。

眼瞼結膜も発赤していることがあります。要するに、首から上の粘膜が全て炎症を起こしているようです。アレルギー性鼻炎を伴っていることも多いようです。

参考文献・出典

  1. 漢方診療医典 大塚敬節・矢数道明・清水藤太郎 著
  2. 漢方処方 応用の実際 山田光胤 著
  3. 漢方方意ノート 千葉古方漢方研究会 著
  4. 漢方治療百話第1~3集 矢数道明 著
  5. 腹證奇覧 稲葉克文礼 和久田寅叔虎 著
  6. 漢方処方応用のコツ 山田光胤 著
  7. 薬局製剤 漢方194方の使い方 埴岡博・滝野行亮 共著
  8. 勿誤薬室方函口訣 長谷川弥人 著
  9. 漢方診療30年 大塚敬節 著
  10. 皇漢医学 湯本求真 著
  11. 黙堂柴田良治処方集 柴田良治 著
  12. 類聚方広義 吉益東洞 著