日本漢方の原料である漢方生薬と有名な民間薬をご紹介します。

初めての方から専門家まで参考になるよう、気味・帰経・効能・適応とする体質と処方例・民間療法をご紹介。

燈心草・灯心草(トウシンソウ)

燈心草は、水田や湿地に自生するイグサ科の全草あるいはその髄を用います。

日本でも燈心草と呼びますが、古くからイあるいはイ草と呼ばれ、その茎は畳表や花むしろの材料として利用されてきました。室町時代から栽培されるようになり、特に江戸時代以後に瀬戸地方で盛んに栽培されていました。

イ草の髄は白くて弾力性があり、それをとってロウソクや灯明の芯に用いていました。そのため灯心草と呼ばれ江戸時代には生活の必需品でした。

薬材としては、この髄を乾燥したものが市場に出回っています。

気味・薬味薬性

味は甘・淡、性は寒

帰経(東洋医学の臓腑経絡との関係)

心・小腸

効能

膀胱炎などによる排尿障害、浮腫み、不眠、心煩、小児の夜鳴きなどに用います。

イグサ自体を噛み砕いて傷などの止血に用います。

適応とする体質と処方例

  • 気鬱のため胸膈が不快で、食事をしようと食べ物に向かうと、ため息をついて食欲が出ない方、憂愁憤怒などの情動変化により、気が欝滞した人が食欲不振、やせ衰え、眩暈、胸騒ぎ、咳嗽などを起こしたり、或いは取り越し苦労の多い人が色々な長患いをする時などに用います。処方例:分心気飲(ブンシンキイン)

土鼈甲(ドベッコウ)をご紹介

生薬-土鼈甲

スッポン(スッポン科)及びシナスッポンの背及び腹の甲羅を用います。

装飾用のベッコウ細工に用いるものはウミガメ科のタイマイの甲羅になります。薬用として用いるスッポンには亀甲紋はありません。

現在は甲を使用しますが昔は頭・肉・脂・血を薬用にしていました。

気味・薬味薬性

味は鹹、性は寒

帰経(東洋医学の臓腑経絡との関係)

肝・脾・腎

効能

肺結核の初期、マラリア等による肝脾腫や腹部腫瘤、小児のひきつけ等に用います。

子宮筋腫に対して、駆瘀血剤に薏苡仁や土鼈甲を加味します。

適応とする体質と処方例

  • 肺結核及び類似症で、胸部に所見がありながら激しい症状を現さず、微熱の取れないものに使用します。処方例:秦艽別甲湯(ジンギョウベッコウトウ)

冬虫夏草(トウチュウカソウ)をご紹介

生薬-冬虫夏草

中国の四川、貴州、雲南、チベットなどに生産します。蛾の幼虫に生えたフユムシナツクサタケと呼ばれる菌類で、特にコウモリガ科の幼虫に寄生します。

幼虫の体内に入った菌は、菌糸を伸ばし成長し、やがて体内を完全に占領し、更に細い子実体を出してキノコが発生します。

冬には虫の姿で、夏に変じて草になると信じられていたため、冬虫夏草の名があります。

古来、ウドンゲと共に吉祥のしるしとして知られていました。

気味・薬味薬性

味は甘、性は温

帰経(東洋医学の臓腑経絡との関係)

肺・腎

効能

抗菌作用があります。

気管支拡張作用があります。

適応とする体質と処方例

  • 虚弱体質の改善に人参、鹿茸などと配合して用います。処方例:金蝉花(キンゼンカ)

忍冬(ニンドウ)をご紹介

生薬-忍冬-金銀花

忍冬は別名、耐寒ともいいます。

どちらも冬に対して耐え忍ぶと言うことを意味するもので、スイカズラの葉と茎を乾燥したものです。スイカズラの葉が冬でも枯れず冬を耐え忍ぶことから、こう言われるようになりました。

十月頃に採集して陰干しにします。

気味・薬味薬性

味は甘、性は寒

帰経(東洋医学の臓腑経絡との関係)

肺・心・脾・胃

効能

化膿症、アレルギー症の緩和及び解毒を行います。

忍冬を乾燥したものを煎じて服用するも良いです。

生の忍冬を、そのまますり潰しても使用できます。

貝母(バイモ)をご紹介

生薬-貝母

アミガサユリの地下茎を採り出して乾燥させたものです。

アミガサユリは、花の内側に紫色の網目模様がある事から、網笠百合(アミガサユリ)との名が付きました。

貝母は、大小二片の鱗片より成り立ち、母貝が子貝を抱いて合わさったように見えるので、母の名を得て貝母と呼ばれる様になりました。

乾燥した貝母は簡単に2つに割れ中心に米粒のような芯があります。これは使用しません。また2つに割れない貝母は毒性があって使われません

肉厚で充実し、外面および内面に褐色が出ていないものを良品とします。

日本産では、奈良県で栽培される大和貝母(ヤマトバイモ)。中国産では川貝母(センバイモ)と浙貝母(セツバイモ)があります。

気味・薬味薬性

味は大苦、性は寒

帰経(東洋医学の臓腑経絡との関係)

肺・三焦・胃・肝

効能

いずれの貝母も化痰・止咳があります。

川貝母は薬性が穏やかで潤す性質があり、痰の少ない慢性化した気管支炎に用います。

浙貝母は清熱作用に優れ、急性の気管支炎等で炎症が激しく粘稠痰の出る時に適しています。

熱性の咳嗽に用い、鎮咳去痰を図ります。寒性のものには用いません。

瘰癧ルイレキ(頚部リンパ節結核の古称)化膿性の腫れ物の未だ崩れないものに用い、炎症を鎮めます。

適応とする体質と処方例

  • 肺の壊疽・急性肺炎・咽喉ジフテリアなどの炎症を取り去ります。処方例:桔梗白散(キキョウビャクサン)
  • 痰が多く、咳嗽がずっと止まらず、時に血痰を出したり、あるいは息切れし、体が衰弱している方に用います。処方例:清肺湯(セイハイトウ)

民間療法

  • 咳・痰切りに〔内服〕。貝母1~3gに少量の砂糖を加えて煎じ、温かいうちに服用する。

参考文献・出典

  1. 漢薬の臨床応用 神戸中医学研究会 訳・著
  2. 近代漢方薬ハンドブック(Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ) 高橋良忠 著
  3. 漢方のくすりの事典 鈴木洋 著
  4. 薬徴 吉益東洞 著
  5. 中薬大辞典 小学館
  6. 薬草カラー図鑑1~3 主婦の友社
  7. 平成薬証論 渡邊武 著
  8. 本草綱目 李時珍 著
  9. 医心方 食養篇 丹波康頼 著
  10. 中国の薬用菌類 劉波 著
  11. 薬草の詩 鹿児島県薬剤師会
  12. 和漢薬の良否鑑別法及び調整方 一色直太郎 著