太陽堂漢薬局の多くの患者さんからの漢方治療歴です。

患者さんからの、改善のお声を順次掲載しています。

諦めずに、希望を持って、一緒に考えましょう。

多くの漢方治療歴

太陽堂漢薬局の多くの患者さんからの漢方治療歴です。

患者さんからの、改善のお声を順次掲載しています。

諦めずに、希望を持って、一緒に考えましょう。

【 自律神経失調症,漢方 】と漢方薬治療による取組み

男性55歳No.3208

お世話になっております〇〇です。今月の漢方薬を注文したいので糸練功をお願いします。

症状については次の通りです。大臼歯の痛みについては自覚症状がかなり改善しています。歯医者でもレントゲン撮影にて 除菌は終了との判断で次回から土台入れと銀歯入れとなります。

ただ糸練功的には10合に至っていないと思われるので治療は継続した方がよいかと想像します。歯医者の恐怖心が薄らいだ為か、吐き気もかなり改善してきているようです。

自律神経の症状と思われるふらつきも余り出なくなってきました。肛門の出血は現在は止まっていますが、3週間くらい前には結構な出血かありまして、市販の座薬やヨモギ茶を飲むことで次の日には止血出来てホッとしました。

現在、出血はありませんが根本原因の痔を治さないと、いつか出血すると思います。

痔については、現行の漢方薬に加えて補助薬として市販の乙字湯を1回3錠一緒に服用しています。

また、便を出す薬を日に2錠飲むことで出来るだけ柔らかい便を心掛けています。そのかいあってか、未だ脱肛は有りますが、指で押し戻すときの反発力は余り無くなってきました。でも、鬱血は結構しぶとい塊が残っていて中々小さくならないです。

内痔核というよりも大きな塊となっているような感覚があります。これが限度を超えて悪化すると以前、手術したような直腸粘膜脱になるのだと思います。ピークから比較すると鬱血部の固さがかなり柔らかくなってきたと思われますが、指で押し戻さずに早く自力で収納できるようになりたいです。

野菜を大量に摂取することが大切とのアドバイスに従い毎日サラダは摂っており、食べられない時は最低限、野菜ジュースやトマトジュースを飲むことにしています。

胆石については、先月、木下先生の診立てでは流れ始めようとして動いているとのことでした。最近も電車内でうたた寝すると肝臓や胃の周辺あたりに痛みを感じており石が動いているように思われます。

それでは宜しくお願い致します。吐き気の薬は、今月も1日4錠で1ヶ月120錠でお願いしたいです。

Date:2018/02/07

太陽堂漢薬局から患者さんへ

右上奥歯大臼歯、吐き気やふらつき等の自律神経の症状は随分良くなって来ましたね。

右上奥歯大臼歯は前回5.5合→7合と大幅に改善しています。この調子で10合まで改善させましょうね。

痔のほうも、市販の乙字湯や座薬、よもぎ茶なども上手く活用し、早く治したいですね。

お食事も気を付けてらっしゃいます。脱肛も変化が現れると思います。下半身の血行不良や硬い便にならない様くれぐれもお気をつけ下さいね。

最後に

当薬局では、治療を継続中あるいは検討中の方に少しでも勇気と希望を持っていただきたく、漢方治療歴を順次掲載しています。

諦めずに! 1人じゃないですよ!希望を持って、一緒に病を治していきましょう。