夏でもズボンの下に保温着を着るほど冷える

患者さんとの「かけ橋」です。漢方相談

太陽堂漢薬局の患者さんに、毎月お配りしています。

漢方治療を少しでも御理解して頂きたく、太陽堂漢薬局での実際の症例を毎月御紹介致します。 患者さんにとって、少しでも御参考・励みになれば幸いです。

(注;東洋医学で言う臓腑経絡は、西洋医学の内臓とは異なります。)

【 冷え症 】と漢方症例報告

冷え症・高血圧・心肥大・動脈硬化

(昭和21年生、女性。No.128)

朝方の血圧が高く、冷え症の強い婦人から相談を受けた。

顏は火照るのだが、夏でもズボンの下に保温着を着るほど冷える。その他、心臓肥大、動脈硬化も併発されている。東洋医学的に、「朝方の血圧上昇」と「脳動脈硬化」は釣藤散証の特徴である。

釣藤散は、動脈硬化を改善する漢方薬として学会報告がされている。釣藤散証は「五志の憂」が原因となる。

「五志の憂」は、西洋医学的には、視床下部や大脳皮質、自律神経、精神的なものと大きく関わると思われている。自律神経の支配下で交感神経が高ぶり、血流が低下する事もある。

また、「顏が火照り、手足が冷える」のは「陽の古血」も考えられる。糸練功では、銅版にて熱性の状態を、アルミ板にて寒性の状態を捉え、熱性の強さや寒性の強さを確認しながら証を出す。

この方は「陽の古血」に甲字湯加黄芩証を捉えた。血圧(釣藤散)+五志の憂(四逆散)+陽の古血(甲字湯加黄芩)を組み合わせると、高血圧症・冷え性・心臓肥大・動脈硬化全てが解決出来た。高血圧・動脈硬化に対して粉薬と煎じ薬が、冷え性にも粉薬と煎じ薬が、心肥大には煎じ薬が効果を現した。

漢方薬の服用を開始し、合数改善は順調に進んで行った。約4年と長期戦の治療となったが、とても調子が良くなられ喜ばれていた。

最後に

東洋医学の治療は、西洋医学と異なり体質改善や原因療法の傾向が強いです。それだけに、効果の出る時間に個人差があります。「かけ橋」・「多くの漢方治療歴」が、患者さん同士の希望に繋がることを願っています。