鼻詰まり等の症状が全く出ない

多くの漢方治療歴

太陽堂漢薬局の多くの患者さんからの漢方治療歴です。

患者さんからの、改善のお声を順次掲載しています。

諦めずに、希望を持って、一緒に考えましょう。

【 副鼻腔炎 】と漢方薬治療による取組み

女性8歳No.4981

鼻汁や鼻詰まり等の症状が全く出なくなり、安定した状態が続いております。

Date:2010/4/24

太陽堂漢薬局から患者さんへ

鼻水や鼻詰まりが全く出なくなった様ですね。良かったですね。

合数も順調に改善し、これから再発防止力がついて来ると思いますよ。引き続きご養生下さいね。

止まっております

女性10歳No.4981

こんにちは。お世話になります。お蔭様で10日ほど前から鼻水および目の痒みが止まっております。

Date:2012/4/28

太陽堂漢薬局から患者さんへ

漢方養生129

こんにちは。アレルギー性鼻炎による鼻水や目の痒みが治まって来て良かったですね。

お飲みの漢方薬は、長めに煎じると(50分間)体質改善力がつき、短めに煎じると(30分~40分)症状を改善する効果が増します。

現在、合数がまだ4合以下の状態ですので症状はまだ強く現れやすいかと思います。宜しければ、煎じ時間を30分~40分と短めに煎じて下さいね。

副鼻腔炎(蓄膿症) – おでこが痛いと最近は言わない

女性4歳No.839

現在、とても調子が良く多少、鼻水は出るものの風邪もひかず元気です。「おでこが痛い」と言うのも最近は言わなくなってきました。

太陽堂漢薬局から患者さんへ

かなり冷え込む時期ですが状態が良い様で良かったですね。やはり自然治癒力が高いのだと思いますよ。

副鼻腔炎を今の時期に治しておけば病気に強い身体作りが出来ると思います。再発しなくなるまで治療にお付き合い下さいね。

副鼻腔炎(蓄膿症) – イビキの回数が少し減りました

男性7歳No.3034

鼻ですが、イビキの回数が少し減りました。

Date:2006/8/26

太陽堂漢薬局から患者さんへ

健康040

○○君は漢方薬を飲み始めてまだ1ヶ月も経っていませんが、変化があった様ですね。糸練功の合数も順調に改善していますよ。

イビキの回数が減ったと言う事は、鼻の膿症状も軽減したのでしょう。引き続き甘い物を控え、緑色の濃い野菜類を多く摂るようにして行きましょうね。

症状の軽い今のうちに治して行きましょうね。

副鼻腔炎(蓄膿症) – 調子良いです

男性71歳No.2787

最近風邪を引いて調子を崩していました。漢方薬頂いている分の症状は調子良いです。

Date:2007/6/29

太陽堂漢薬局から患者さんへ

風邪を引いてしまったのですね。風邪を引くと、身体の弱い部分に症状が出やすいので、普段は身体を冷やさないよう、十分御注意下さいね。

糸練功の合数は概ね改善されていましたよ。漢方を飲むだけでなく、普段も養生されているのでしょう。このまま引き続き漢方と養生で改善を目指して行きましょうね。

朝晩一回ずつ鼻を噛むだけ

風景073

女性8歳No.4981

お世話になっております。この所、朝晩一回ずつ鼻を噛むだけで、日中は出なくなりました。調子の良い日が続いています。

Date:2011/1/18

太陽堂漢薬局から患者さんへ

鼻を噛む回数が随分減ってきた様ですね。急性の副鼻腔炎の方も、お風邪を引かない限り大丈夫だと思います。

ここ最近、全国的に冷え込んでいますので油断大敵ですね。お身体を冷やさない様ご養生下さいね。

副鼻腔炎(蓄膿症) – 鼻水も出ていない状態です

女性10歳No.4981

お世話になります。いつもありがとうございます。夏の暑さにも負けず、元気に過ごしています。風邪をひくこともなく、鼻水も出ていない状態です。

Date:2012/9/15

太陽堂漢薬局から患者さんへ

調子が良さそうで良かったです。糸練功の合数も順調に上がっていますよ。このまま症状が改善出来る様、ご一緒に頑張りましょうね。

東京の方は夏日が続いているようですね。くれぐれも体調にはお気をつけ下さいね。

もう殆ど症状はないです – 副鼻腔炎(蓄膿症)

女性56歳No.1185

膀胱炎の煎じ薬を30日分お願いします。4日分だけ外出用に粉剤でお願いします。

膀胱炎は寒くなってきたけれど何も症状はなく快適に過ごしています。三叉神経痛は夜静かになる事で勝手に気になってくるのか、いつもではないですが時々たまに痛みではなく違和感を感じるくらいです。

副鼻腔炎の方はもう殆ど症状はないです。

Date:2017/02/25

太陽堂漢薬局から患者さんへ

こんにちは。膀胱炎、副鼻腔炎共に落ち着いているご様子ですね。

三叉神経痛は時々違和感が残っているようで、合数が10合の±までは神経痛の痛みに対しての粉薬をお飲み頂く必要がありそうですね。合数は順調に上がっております。違和感もなく、安心して過ごせる様にしっかり漢方薬を続けて行きましょうね。

今回は三叉神経痛でお出ししている粉薬のメーカーを変更しております。より質の良いエキス剤をお出し出来るよう変更しております。以前の物とは色、形状、分量などが変わってます。分量は以前より増えますが、金額は以前よりお安くなっております。

また膀胱炎でお出ししている、腰から下の冷えが原因で尿の回数が増えるタイプの症状にお出しする漢方薬を4日分1日1回でエキス剤でお出ししております。出来るだけ熱いお湯に溶かしてお飲み頂くと効果が落ち難くなります。溶かしてお飲み頂ける様でしたらお試し下さいね。

最後に

当薬局では、治療を継続中あるいは検討中の方に少しでも勇気と希望を持っていただきたく、漢方治療歴を順次掲載しています。

諦めずに! 1人じゃないですよ!希望を持って、一緒に病を治していきましょう。